Game Journal.Net ゲーマーによるゲーマーのためのボードSLG専門誌

Game Journal.Net ゲーマーによるゲーマーのためのボードSLG専門誌

最新号

No.85 義経戦記:源平奥州六大合戦

概要

史上初!源平および奥州の六大合戦を6個のシナリオで再現。ゲームシステムはチット・ドリブンを採用し、流動的なゲーム展開を表現。さらに、シナリオごとに特別ルールを準備。あなたは、絢爛豪華な源平合戦絵巻の世界で勝利できるか!?

[特集]
[超ワイドグラビア]源平合戦絵巻
[戦史概説]源平合戦:入り乱れた勢力の抗争
[人物列伝]源平合戦の群雄列伝

[特別企画]
[超ワイドリプレイ]GMT Holland'44リプレイ

[連載]
最新研究が明かす帝国陸海軍の虚像と深層 長南政義
日本戦史雑話 大山格

最新SLG情報/GAME GUIDE/絶版ゲーム再生Project/ウォーゲーム英雄列伝/知られざる名将たち/知られざる迷将たち/ピンゾロとわたし/データでみる日米海戦/Mrことくの過激にレポートするぜ!/ASLの戦場/中国ウォーゲーム事情

発売日:2022年12月1日

価格:3,600円(+税)

MAP

GJ NEWS

  • 次号(GJ86号)「戦略級三国志英雄伝説」内容をアップしました(2023/1/28) NEW!
    GJ86号が3月1日に発売されます。サイトにて詳細掲載中!
    詳細はこちら
  • vassalモジュール提供サービスを更新しました!(2022/12/9)
    85号「義経戦記」モジュールをアップしました。サイトにて詳細掲載中!(2022/12/9)
    詳細はこちら
  • GJ85号「義経戦記:源平奥州六大合戦」発売のお知らせ(2022/12/1)
    GJ85号が12月1日に発売されました。サイトにて詳細掲載中!
    詳細はこちら
  • GJ85号 リプレイコミック限定公開のお知らせ(2022/11/23)
    次号掲載のリプレイコミックの期間限定・先行公開を開始しました!
    松田大秀先生のリプレイコミックが読めるのは、全宇宙(当社調べ)でゲームジャーナルだけ!
  • 「激闘!バルバロッサ電撃戦」中国語版(オリジナル日本語ルール付)逆輸入国内販売、9月開始!(2022/8/12)

    「激闘!バルバロッサ電撃戦」(GJ49+GJ53+GJ57三連結キャンペーン)中国語版が、オリジナル日本語ルール付きで逆輸入国内販売が開始されます!豪華コーティングマップ&エンボス加工カウンターをご堪能ください!

    予価9900円(本体9000円)

    詳細はこちら

  • 「討論:ウクライナ侵攻と近未来戦の過去と現在と未来」ウェブ公開のお知らせ(2022/3/14)
    3月第2週に首記テーマで緊急座談会を開催しました。
    今回は日々状況が変化するテーマの緊急性を鑑み、本誌誌上ではなく下記当HP上で内容を公開します。
    詳細はこちら

  • 在日ウクライナ大使館の寄付窓口はこちら(本日現時点で可能な限りの寄付にて及ばずながら協力させて頂きました)2022/3/1
    詳細はこちら
  • 大賞ついに出る!「第4回鈴木銀一郎杯」結果発表(2022/3/1)
    第4回鈴木銀一郎杯で当杯応募開始以来20年にして、ついに大賞受賞作品が輩出されました!
    詳細はこちら
  • リプレイコミック中国語訳追加公開お知らせ(2020/9/30)
    「43号ドイツ装甲師団長2」「58号曹操最大の危機」「67号激闘!タイフーン電撃戦」「70号第三帝国の盛衰」「75号SS装甲師団長」のリプレイコミック中国語訳を追加しました!
    詳細はこちら
  • 甲午戦争(日清戦争中国語版)追加選択ルール和訳頒布開始!(2020/6/16)
    21号「日清戦争」中国語版「甲午戦争」の追加選択ルールの和訳をアップしました。サイトにて詳細掲載中!
    詳細はこちら
  • チャールズロバーツ賞再起動!(2020/6/3) 
    過去に数多くの名作を輩出し、日本からも数多くの受賞者・受賞作を輩出したチャールズロバーツ賞は、2012年度を最後に選考が中断されていましたが、このほど活動を再開することになりました。
    同賞の投票は日本からの参加も可能で、以下のページから投票が可能になります。

    今年度のチャールズロバーツ賞投票ページはこちら(投票期限:2020/6/15)
    https://charlieawards.wordpress.com

    弊誌収録作も、2005年に「Fire in the Sky(弊誌別冊「大日本帝国の盛衰」英語版)」がノミネートされて以降、2012年までの8年間に6作品が候補にノミネートされ、うち4作品が最優秀作品を受賞という快挙を達成しています。


    同賞について、過去の弊誌からの受賞状況は下記をご参照ください。
    詳細はこちら


    残念ながら今年度はノミネートされている作品はありませんが、今後日本から世界に羽ばたくデザイナー・作品に対しては大きな励みとなることでしょう。

    フェイスブック、インスタグラムの受賞者・受賞作紹介

  • エラッタ/Q&Aをアップしました! (2022/9/9)
    74号「日中韓・現代海戦三国志」エラッタをアップしました。(2022/9/9)Updated 詳細はこちら
    77号「ガダルカナル・ギャンビット」エラッタをアップしました。(2022/9/9)NEW 詳細はこちら
    81号「米中激突:現代海戦 台湾海峡編」エラッタをアップしました。(2022/9/9)NEW 詳細はこちら
    82号「孤高の信長:一五七〇」エラッタ・Q&Aをアップしました。(2022/9/9)NEW 詳細はこちら
    83号「ノルマンディ強襲」エラッタをアップしました。(2022/9/9)NEW 詳細はこちら
    別冊「幸村外伝」エラッタをアップしました。(2022/9/9)Updated 詳細はこちら
  • シン・GJ友の会開催のご案内
    新型コロナウイルス問題のため次回は当面の間延期とさせて頂きます。スケジュールは調整中に付き、決まり次第当サイトでご案内します。
    参加方法等の詳細は、下記をご参照ください。
    詳細はこちら
  • 上記以前のGJ NEWSはこちら
    詳細はこちら

Topics

  • 別冊「信長最大の危機」英語版「The Most Dangerous Time」 チャールズロバーツ賞受賞!(2010/8/31)
    詳細はこちら
  • 弊誌8号収録作品「英仏百年戦争」英語版Warriors of God
    弊誌16号収録作品「激闘硫黄島」英語版Iwo Jima: Rage Against the Marines
    チャールズロバーツ賞ダブル受賞!
    (2009/8/11)
    詳細はこちら
  • GJ4号収録「激闘!マンシュタイン軍集団」英語版「A Victory Lost」チャールズロバーツ賞「三冠」達成!(2007/8/14)
    詳細はこちら

商品一覧

       
一覧はこちら