Game Journal.Net ゲーマーによるゲーマーのためのボードSLG専門誌

Game Journal.Net ゲーマーによるゲーマーのためのボードSLG専門誌

最新号

ゲームジャーナルNo.76 独眼竜政宗

表紙


GJ55号「関東制圧」追加カウンター収録

(プレーするためには弊誌55号「関東制圧」が必要です)

解説

天正16年1月、政宗は大崎氏を攻める為、3000の兵を差し向けた。しかし、中新田の戦いで惨めな敗北を喫し、大崎攻めは失敗したのであった。この敗北を知った奥羽の諸大名は、今こそ伊達を討つとき、と兵を挙げた。北に大崎と最上、東に相馬、そして南に芦名と佐竹。周囲を敵に囲まれた政宗は今、最大の危機に見舞われようとしていた。
「独眼竜政宗」は、同一システム・スケールで日本各地の戦国合戦を再現する戦国群雄伝シリーズの一作で、伊達政宗と佐竹、芦名、最上等の反伊達陣営による奥羽地方の覇権争奪を再現します。


[特集]
[超ワイドリプレイ]政宗最大の危機
[戦史概説]独眼竜政宗かく戦えり
[ゲームの殿堂]ゲームの中の伊達政宗
海外で続々出版されるGameJournal収録作品群

[連載]
リプレイコミック 松田大秀
日本戦史雑話 大山格
最新研究が明かす帝国陸海軍の虚像と深層 長南政義
[新連載]ウォーゲーム英雄列伝

最新SLG情報/GAME GUIDE/絶版ゲーム再生Project/Mrことくの過激にレポートするぜ!/知られざる名将たち/データでみる日米海戦/B級SFゲーム分科会/中国ウォーゲーム事情


MAP

 

マップ拡大

 

 

収録シナリオ

「独眼竜政宗」は、同一システム・スケールで日本各地の戦国合戦を再現する戦国群雄伝シリーズの一作で、伊達政宗と佐竹、芦名、最上等の反伊達陣営による奥羽地方の覇権争奪を再現します。シナリオは、以下の3本が付属しています。

[政宗最大の危機(キャンペーン)](32イニング)

天正16年1月、政宗は大崎氏を攻める為、3000の兵を差し向けた。しかし、中新田の戦いで惨めな敗北を喫し、大崎攻めは失敗したのであった。この敗北を知った奥羽の諸大名は、今こそ伊達を討つとき、と兵を挙げた。
北に大崎と最上、東に相馬、そして南に芦名と佐竹。周囲を敵に囲まれた政宗は今、最大の危機に見舞われようとしていた。

[人取橋の戦い](4イニング)

天正13年(1585)11月、畠山義継の謀略により父輝宗を殺された政宗は、その仇を討たんとすべく二本松城に攻めかかった。しかし、折からの雪によりその攻撃は失敗した。
一方、二本松に籠もる畠山国王丸(義綱)の救援の要請を受けた佐竹・芦名・白河といった仙道筋の諸大名が出陣、北上を開始した。その数3万。これに対し政宗は、手持ちの兵8千を率い、本宮(ヘックス1731)に布陣した。
伊達家の命運をかけた戦いが、今始まる。

[決戦!摺上原](6イニング)

天正17年4月、田村領で争乱が発生、佐竹・芦名・相馬氏らがこれに介人した。田村家は政宗の正室、愛姫の実家である。政宗はかがちに出陣、佐竹氏らと再び対峙した。
6月、芦名方の家臣、猪苗代盛国が伊達に内応、政宗はすかさず主力を猪苗代へ移動し、芦名の本城、黒川城を窺った。
これに驚いた芦名義広は、ただちに黒川城へ帰還、翌日、磐梯山麓の摺上原に布陣した。その数1万6千。
政宗もこれに対し、2万3千の兵を率いて八ヶ森に布陣した。
時に天正17年6月5日、後に言う摺上原の合戦の始まりである。



ゲームデータ

テーマ
伊達政宗による奥州制圧戦
ゲームデザイン
福田誠
カウンター数
180駒
マップ
フルマップ1枚
ゲーム期間
1585年~1589年(シナリオによる)
シナリオ
3本(キャンペーンシナリオ、人取橋の戦い、決戦・摺上原)
ゲームの範囲
東北全域
プレイ時間
2~8時間(シナリオによる)
プレーヤー数
2人
難易度(5段階、5が最高)
 
 
 
 
 
 

内容【2】

GJ55号「関東制圧」追加カウンター収録
(プレーするためには弊誌55号「関東制圧」が必要です)

ゲームデータ【2】

カウンター数
72駒(軍勢58駒、城マーカー14駒)
収録大名
山内上杉、扇谷上杉、古河公方、小弓公方、里見、大田